IDCインスペクションソリューション

IDCインスペクションソリューション

各種データセンターに適応し、垂直リフト型インスペクションロボットは365日24時間稼働します。

課題

手動インスペクションの結果は追跡できない

手作業によるインスペクションは集中力が求められ、高いスキルとO&Mへの責任感が問われます。署名の記録では、完全なトレーサビリティを実現できません。

一律でない故障判定基準

O&M管理の仕組みやプロセスシステムを標準的に実施できるという保証はありません。障害が発生しても、すぐに場所を特定し、タイムリーに対処することができません。時間と手間がかかります。

モニタリングシステムのメンテナンスが難しい

定点モニタリングシステムのインタフェース規格が異なり、遠隔コマンドプラットフォームがありません。そのため、現場の状況を一足飛びに確認できません。

ソリューション

IDCインスペクションロボット

3 ソフトウエアシステム

第1コア機能:安定性

インスペクションプロセスにおいて、HDカメラと精密なアルゴリズムロジックの組み合わせにより、ヒューマンエラーを大幅に減少させることができます。同時に、バックグラウンドのログや記録により、データのトレーサビリティと正確性を改善します。

第2コア機能:クリエイティビティ

ロボットにより、オペレーション全体のデータ化・情報化が改善します。あらかじめメンテナンス作業を設定しておくことで、点検作業や異常発生時の警告を自動で行います。一方、O&Mエンジニアにタイムリーに対処するよう伝えることで、人とロボットの協働の効果を実現します。

第3コア機能:費用対効果

ロボットは、繰り返されるインスペクションのマンパワーを代替し、認識、知覚、通知機能などに大きな優位性を持っています。コンパクトな設計とレーザーマルチモーダルナビゲーション技術により、より狭く複雑な作業環境に適応し、マンパワーをより創造的な作業へと解放します。

メリット

IDCロボットインスペクションでは、同じタスクポイントの異なる高さでインスペクション対象を切り替えながら、リアルタイムに計算し、バックグラウンドにフィードバックして記録します。また、垂直昇降モジュールを搭載しており、通常のロボットのインスペクションの高さが足りないという欠点を補うことができます。あらかじめインスペクション基準を決めておいた場合、ロボットの識別精度は99%を満たします。

インスペクション時の高さ

識別精度

使用事例

NXPデータセンター

MRインスペクションロボットは、現場の狭い環境に適応することができる、自走可能な小型シャーシデザインを採用しています。現場のインスペクション員の代わりに24時間連続で稼働し、現場環境をリアルタイムでモニタリングし、異常があれば故障アラームを発します。

MRインスペクションロボットは、機器の状態のリアルタイムモニタリング、マルチセンサーフュージョン、自律ナビゲーション、インテリジェント識別、無線通信など、さまざまなハイテク技術を統合しています。画像、音声、温度などの収集と分析を通じて、現場で複雑かつ多数のインスペクション作業を完了し、操作とインスペクション管理のインテリジェントレベルを改善し、コンピュータ室での操作・メンテナンス担当者の労力を削減させることができます。

×

お問い合わせ先

captcha
×

お問い合わせ

*名前
*Eメール
Company Name
Tel
*メッセージ