パンデミック対策ソリューション

パンデミック対策ソリューション

業界初の「ホワイト&ブラック」モデル 日中の正確なグループ体温測定 夜間の紫外線殺菌

課題

グループ体温測定の効率が低い。

人の流れが多い場所では、手動の温度測定では通過効率を満たすことができませ

手動消毒では不十分。

手動消毒では、ユニット範囲内の消毒時間を確保することはできません。消毒できないところが発生します。

データの収集が難しい。

来訪者の体温や消毒作業などを1件ずつ登録し、別々に記録する必要があり、エピデミック対策情報を時間でまとめることができず、トレーサビリティに悪影響を及ぼします。

ソリューション

除菌ロボット

3 ソフトウエアシステム

第1コア機能:グループ向け体温測定

ARIS-K2は、赤外線サーマルイメージャー、可視光アシストイメージング、インテリジェントイメージキャプチャーにより、効果的に体温分布範囲の体温を特定することができ、特に混雑したシーンでのグループ/個人の体温スクリーニングに適しています。AIアルゴリズムにより、ポートレートを識別し、追跡することができます。カメラ画面上の人物の顔を正確に特定し、赤外線温度格子と組み合わせ

第2コア機能:紫外線殺菌

ロボットは、短波長UVC紫外線を使用し、数分でDNAとRNAの細菌を破壊・死滅させます。ロボットにより、除菌効果を達成します。試験の結果、環境表面(平滑面、粗い多孔質面)の芽胞や各種多剤耐性菌は、高レベル殺菌モードで99.99%の殺菌効果を達成することができます。

第3コア機能:データ統合

YOUIBOTが開発したINSシステムは、日中の体温測定作業や夜間の消毒作業、エラー報告などを実行し、さらにロボットの作業状況をリアルタイムでモニタリングすることができます。本システムは、時間内に完全なログを生成することができ、その後の分析のためのデータサポートを提供します。また、最大100台のロボットが稼働するマルチロボット協働ディスパッチ機能にも対応し、複数のロボットが同時に稼働する際の衝突や混雑を大幅に回避させます。

メリット

細菌やウイルスの感染パスは多種多様です。従来の化学的消毒法と比較して、紫外線消毒は、低コスト、高効率、安定した効果、消毒後の残留物なし、環境PHスケールの変化なしなど、明らかなメリットを有しています。エピデミック対策担当者は、エピデミック対策の最前線に立たち、常に最も感染率の高いグループにはいっています。2020年、世界中でCOVID-19に感染したエピデミック対策担当者は数百万人と言われています。公衆衛生上のエピデミック対策や、潜在的な患者との密接な接触を避けるための体温測定において、人の代わりにロボットが採用されています。エピデミック対策担当者を守る上でも、非常に有効な手段です。

発熱の閾値

環境から人への感染

使用事例

湖北省第三人民医院

病院の正面玄関や出入り口で、ロボットが自動的に巡回しています。体温に問題がある人を発見した場合、ただちに医師がさらなる観察・診断を促します。人々の体温を効率的かつ正確に測定しながら、病院内でのウイルス感染リスクを低減することができます。

同時に、人の動きが少ない夜間には、計画されたルートに従って、病院の外来、救急、感染隔離エリアにおいて、ロボットが自動的に包括的な紫外線殺菌を実行。これにより、医療従事者の作業環境の安全性と清潔さを確保するとともに、人との接触を避けることを前提に、ウイルス拡散を効果的に遮断することができます。

 

×

お問い合わせ先

captcha
×

お問い合わせ

*名前
*Eメール
Company Name
Tel
*メッセージ