倉庫在庫管理ソリューション

倉庫在庫管理ソリューション

数千平方メートルの倉庫と高さ15メートルの棚において、効率的に在庫を確保します。 カーゴ情報を迅速かつ正確に取得し、読取りし、確認します。 サポートソフトウェアによる遠隔での課題解決、在庫情報のリアルタイムフィードバック、在庫レポートの自動作成などに対応します。

課題

 

倉庫の在庫管理プロセスのサイクルは長く、エラー率も高く、さらに人員の安全性にも危険が潜んでいます。

 

倉庫の面積は広く、シェルフの高さが高く、商品の総量が多く、棚卸し作業が重労働となっています。

 

商品の在庫がタイムリーに対処できません。倉庫の保管状況を即時に把握できません。管理は混沌としており、在庫プロセスは標準的で、情報化の度合いは低くなっています。デジタル化・自動化されたプロセス管理に欠けています。

ソリューション

倉庫在庫管理ロボット

3 ソフトウエアシステム

第1コア機能:モバイル在庫管理

倉庫在庫管理ロボットは、バーコード読み取り、空きスペース認識、マシンビジョンなどの技術の結晶です。カーゴ情報を99%以上の精度で自動読み取りできるモバイルロボットプラットフォーム・Youibotと組み合わせて利用しています。IMSシステムから在庫管理タスクを送信することができます。ロボットはタスクの内容に応じて、正確に倉庫をスキャンすることができます。倉庫のカーゴ情報は、同時にロボットクラウドのIMSシステムにも入力されます。ロボットは、商品情報を迅速かつ正確にスキャンし、データの確認と読取りを実行し、スキャン結果と倉庫の保管状況を記録します。作業終了後、ロボットは自動的に在庫レポートを作成し、リアルタイムの保管情報が正確で一目瞭然になります。

第2コア機能:デジタル管理

在庫管理システム(IMS)は、ワンクリックによるリモートタスクの割り当て、自動棚卸し、効率的かつ正確な在庫記録と倉庫状況のリアルタイム更新に対応し、データ情報の一元化、リアルタイム倉庫情報、データのトレーサビリティ可視化を実現します。

第3コア機能:自律障害物回避

モバイルロボットベースには、自律障害物回避システムが搭載されています。またリフティングロッドには、垂直方向の障害物回避装置が搭載されています。ロボットが走行中に障害物に遭遇した場合、前後2つのレーダーで障害物を回避し、減速して作業を一時停止することができます。リフティングロッドとスキャンモジュールが障害物に遭遇した場合、15mの高さの範囲であれば、ロボットはタイムリーに障害物を回避することができます。2つの障害物回避モードでは、ロボットが障害物情報をフィードバックし、障害物の位置や大きさに応じて在庫ルートを自動的に調整し、残りの在庫管理作業を続行することができます。自動運転を効率的に実行します。

メリット

ROI

精度

より効率的

迅速に導入

 

使用事例

在庫管理ロボットは当初、中国国内の大型倉庫に導入され、インテリジェント化・自動化・デジタル化により、クラウド導入、カーゴ位置特定、データベース化などに対応しました。正確なビット分割、彩度認識、データベース情報。読取りやタスクレポートの自動生成などの機能を統合し、大規模倉庫の情報をデジタル化し、プロセスのインテリジェント化、在庫管理の効率化、管理の統合を実現しています。

×

お問い合わせ先

captcha
×

お問い合わせ

*名前
*Eメール
Company Name
Tel
*メッセージ